息吹

息吹|Haiziの音楽室

Haiziの音楽室

息吹

泣きじゃくる子供のように 声を荒げて
新しい僕が今 生まれる

何も見えないまま 時間だけが過ぎた
僕は窓を開けて 青白い街を見た

思っていたよりも 世界は複雑で
情けないけれど 馬鹿なほど純粋な夢を見ていた

揺れ動く大地が僕の 鎖を呑んで
果てしない宇宙へと 放たれた
荒れ狂う空と海が 僕をさらって
いつまでも 放さずに 捕らわれた

今日は空が冷えた 「星が美しいね…」
僕は瞳閉じた 真っ黒な星の中

思っていたよりも 世界は複雑で
情けないけれど 馬鹿なほど純粋な夢を見ていた

燃え上がる炎が僕の すべてを奪う
霞みゆく視界の空 見上げた
裏切りの波に僕は 身を任せて
意識ごと 手放す・・・――

泣きじゃくる子供のように 声を荒げて
新しい僕が今 生まれる

曲について

タイトル
息吹
作詞/作曲
Haizi/Haizi
テンポ
四分音符 ≒ ???
コメント
世界の再生の様な、生まれ変わる瞬間を歌にしたくて書いた曲です。
中学生の頃に書いた詞で、ところどころ忘れていたので編集しました。
© 2016 Haizi
曲について
タイトル 息吹
作詞/作曲/アレンジ Haizi/Haizi/-
テンポ
コメント 世界の再生の様な、生まれ変わる瞬間を歌にしたくて書いた曲です。
中学生の頃に書いた詞で、ところどころ忘れていたので編集しました。